学生時代の友人とは今でもつながってる

楽しかった大学時代学生時代はもう30年も前になります。一番後悔しているのは、何がやりたかったかを考えなかった事です。只、漠然と過していました。

あの当時は、もの凄く景気も良くて普通に会社に入れば一生安泰だと言う考え方でした。終身雇用で転職なんかもっての他と言う考え方でした。

何とかなるで本当に何とかなった時代でした。勉強ももっとやっておけば良かったと思っています。今更ながらですが。

あまりにも楽でしたので危機感も無かったです。社会人になって「あの時にやっておけば」と悔やんだ物でした。

周りの友達も皆遊んでばかりでした。楽しかったですが、振り返ってみて「やり直せるなら勉強をしたい」と思っています。

安泰な緩い環境は人を無気力にします。新設校だったので競争もあまり無くて、それはそれで当時としては良かったのかも知れませんが、ちょっと今では考えられない時代でした。

本当に楽しかったのは、皆が同じレベルだったので話しが合いました。でも、不思議と皆が「今が楽しければそれで良い」と言う考え方だったので、ちょっと違和感は有りました。

それは如実に表れています。今は皆サラリーマンをしていますが、大手なんだけど現場だとかいう人もいます。総じて会社の名前には拘っていますが、部署はどこでもいいみたいな(苦笑)。

あの頃思い描いていた未来とは全然違って来ましたが、学生時代に楽しかった事って、皆が横並びだった事かも知れません。

頭一つ抜き出た人がいませんでしたので。毎日遊んでいました。それは楽しかったですが、「これでは駄目なんじゃないかな」とは漠然と思っていました。

でも、満足しているのは皆が真面目で、30年経った今でもお付き合い出来ている事です。これが一番の宝物です。

ちょっと後悔も有りましたが、学生時代は楽しかったです(笑顔)。