卒論提出後のドライブ旅行

学生時代のことで一番思い出に残っているのは、卒業間際の3月に5.6人で行った1泊旅行です。
それまでに卒論も通り、就職先も決まっていましたから気持ちは楽なもので、あとは遊ぶだけといった感じでした。
同じ学部の男子達が計画し、女子の何人かに声を掛けてくれました。全部で5人だったと思います。

大学近くの喫茶店で待ち合わせをし、レンタカーのワゴンで出発。箱根に向かいました。でも、男子たちは途中で相談して、予め取っておいた宿をキャンセルしていました。車の運転が好きな男子がずっと運転していました。
彼は体育会の自動車部に所属していたこともあるので、運転も上手いし、性格的にも超が付くほど真面目だったので、みんな安心して彼に運転を任せていました。

途中、暇になった私が運転を代わりましたが、その彼は余程ハラハラしたのでしょう。ふと横を見ると、彼の顔が私の顔のすぐ横にあってギョッとしました。彼はあまりに心配で、私の目線で運転を見ていたのです。おまけに私にずっと声を掛けていたのですが、それがまた今となると笑えます。

「いいよ、大丈夫だよ。いま、この道路は○○さん(私のこと)一人で走っていると思っていいからね。他の車のことは
考えなくていいからね」と。

こんなことを本当に言う人がいるんですね。確かに励ましてくれているのですが、心の中と正反対のことを言い続けていました。すぐに彼に運転を変わりましたが、心底ほっとしたように見え、後ろの席に戻った私はムッとしました。

箱根に着いたら、観光案内所で民宿を紹介してもらいました。案内所の方が親切で、学生さん達だから安くして、と言ってくれました。10畳ほどの広さの部屋で夜は少し飲みましたが、1時になるかならないかでみんなで雑魚寝。
結構みんな真面目でした。

翌日は小涌園でスケートを楽しみました。私はあまり得意ではないので、端の方でヨチヨチ歩くのに等しかったですが、1人の男子がつきっきりで教えてくれたので、段々手すりを離して滑れるようになり、楽しかったです。

帰りは運転手の彼が一人一人を自宅や自宅のすぐそばまで送ってくれました。最後までいいヤツでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>